マタニティヨガ。ヨガ教室。ポーズとダイエットへの効果。動画やDVD、本の紹介。ヨガ用品、マット、ウェア、パンツ。ホットヨガ、ピラティスの教室、等。

ヨガとマタニティと月の関係 > ヨガ用語集/ハ行 > 【プラーナ/プラナ】(5種類のプラーナ)

ヨガ用語集/ハ行

【プラーナ/プラナ】(5種類のプラーナ)





「プラーナ(Prana)」とは、生命の源と考えらている宇宙のエネルギー、「生きる力(エネルギー)」の事です。「気」と呼ばれることもあります。

私たちのカラダの中にもプラーナは存在するといわれ、それぞれ私たちのカラダの中には、「プラナ(prana)」「サマナ(samana)」「アパナ(apana)」「ウダナ(udana)」「ヴィヤナ(vyana)」の、5種類のプラーナ(Prana)が存在していると考えられています。


【プラナ】(prana)
「プラナ」と呼ばれるプラーナは、喉と横隔膜との間に位置しています。
このプラーナは膨張性の上向きに流れる力です。肺と心臓の機能を維持し、呼吸の吸気と吐気や、食物などの飲み込みと吐き出しに対し影響を及ぼします。
通常は上昇のエネルギーですが、時には下降の力も及ぼします。

※(5種類の力を総称して「プラナ(プラーナ)」と言いますが、その5種類の中の一つも「プラナ」と呼ばれるものです。英語の表記では頭文字の「P」を大文字と小文字に分け区別しています。このサイトでは全体の力を「プラーナ」、その中のひとつを「プラナ」と表記して区別しています。)


【サマナ】(samana)
「サマナ」と呼ばれるプラーナは、横隔膜とへその間に位置する、狭い範囲ですが非常に重要なプラーナです。
このプラーナは、主に食物を消化するための力であり、胃腸や肝臓、すい臓などの消化器官に影響を及ぼします。胃、小腸や大腸、肝臓、すい臓などの消化器系統に作用し、調整するためのエネルギーです。
もし、サマナのエネルギーに問題があると、食物の栄養を巧く吸収することが出来なくなり、やがては、カラダが弱っていったり、痩せていく事もあります。

私たちが毎日摂っている食事を消化し、栄養を分離して体内に取り入れ燃焼させるためには物凄い量のエネルギーが必要です。私たちのカラダの中で、最も消費される量の多いプラーナの一つです。


【アパナ】(apana)
「アパナ」は、へそと会陰の間、骨盤周囲に位置するプラーナです。
性的な活動、精子や卵子の生産、出産、尿や便、体内のガス(おなら)の排出に非常に重要な影響を及ぼす、収縮性で主に下向きに流れる力です。
このエネルギーは通常、下降のエネルギーですが、時には脳に向かって上昇の力となる事もあります。


【ウダナ】(udana)
「ウダナ」は、頭部周辺、肩から手、指先まで、お尻から足、爪先までの間に位置するプラーナで、筋肉運動と知覚のための神経系に影響を及ぼします。
ウダナは、様々なエネルギーの流れを制御し調整するために必要な力です。それは、外から受けるさまざまな知覚に対して、その知覚の入力を調整して、神経を制御し、外界から受ける様々な刺激に神経系が対処するための力です。
ウダナは、眼、耳、鼻、口、体表(皮膚)、および、五感と呼ばれる、それら器官の機能を通して得られる知覚に大きな影響を及ぼします。
このウダナのエネルギーが弱くなったり問題があると、知覚神経や運動神経の統合やバランスの調整が難しくなります。


【ヴィヤナ】(vyana)
ヴィヤナは全体的なプラーナで、身体の中に予備として蓄えられた力です。
他のプラーナのどれかに支障が生じ、その結果、弱ってしまったり、バランスを崩してしまったところを、ヴィヤナは援護します。結果的に、ヴィヤナは、人間の生体システムのバランスが崩れるのを防ぎ、身体を病気から予防します。
ヴィヤナが弱くなったり問題があると、バックアップの力が弱まり、身体は病気にかかりやすくなると言われています。



DVDに収録されているヨガのレッスンは、ヨガの基本、呼吸から、ヨガを毎日続けるために、たった15分で完結する「朝ヨガ」。夜寝る前に、疲れたカラダと心を解放する「夜ヨガ」。まるで、ヨガのレッスンをスタジオで一緒に受けているかのような、ダイナミックなレッスンライブなど。

特別に書き下ろされたフルカラーのヨーガ解説テキストでは、ひとつひとつのポーズが、写真入で詳しく解説されています。

ヨガに必要なものが見事に揃った、パーフェクト・ヨガセット。


全くのヨガ初心者から、もっと上達したい経験者まで、どなたでも今すぐ自宅でヨガを始めることが出来ます。

今なら、限定割引価格¥9,800で販売中です。

詳しくはコチラへ ≫ ヨガ入門に最適「簡単ヨガDVD 8点セット」