マタニティヨガ。ヨガ教室。ポーズとダイエットへの効果。動画やDVD、本の紹介。ヨガ用品、マット、ウェア、パンツ。ホットヨガ、ピラティスの教室、等。

ヨガとマタニティと月の関係 > ヨガの基礎知識 > マタニティとヨガと月の関係

ヨガの基礎知識

マタニティとヨガと月の関係





アシュタンガ・ヨガでは、月の暦において、新月と満月の日にヨガの練習をお休みにすることを伝統にしています。


地球上では、水の性質を持つモノは全て、月の満ち欠けによる影響を受けているのです。 月と地球の引力による影響です。


人間のカラダも、およそ70%が水分です。

満ちたり欠けたりと変化する月の形相は、地球から見た、月と太陽の相対的な位置関係によって変化しています。地球から見て、月と太陽が同じ側にある時に新月となり、月が地球を挟んで太陽の反対側にある時に満月となります。

そして、月と太陽と地球が(実際には宇宙にある全ての星が)、お互い引力によって結びついています。


それら月と太陽と地球の、その時その時の相対的な位置関係により起こされる引力の変化、地球に住む生物の呼吸のサイクルにも呼応している膨張と収縮の変化は、私たち人間の身体活動にも大きな影響を与え続けているのです。

その変化により及ぼされるそれぞれの影響の力は、新月と満月の日にそれぞれ最大になります。


プラーナ(Prana)」とは、5000年以上も前から伝えられてきた、宇宙のエネルギー、生命の源と考えらている「力(エネルギー)」の事ですが、時には「気」とも呼ばれるプラーナには「プラナ(prana)」「サマナ(samana)」「アパナ(apana)」「ウダナ(udana)」「ヴィヤナ(vyana)」の5種類の「力」があるとされています。

満月のエネルギーは、「プラナ」の力が最大になる、吸気の終わりに呼応するといわれています。
これは、私たちを活動的でかつ感情的にさせますが、しかし、上手く地面に足が着かなくさせるほど拡張する上昇の力です。

ウパニシャッドでは、主なるプラーナは頭部に在ると述べられているのですが、満月の間、私たちは、より強情になる傾向があるとされています。


新月のエネルギーは、「アパナ」の力が最大になる、吐気の終わりに呼応するといわれています。
アパナは、私たちを穏やかにし、地面に接地させ留めようとしますが、しかしそれは濃厚で、身体での活動へも気が向かなく感じさせるような収縮する下降の力です。

新月と満月の日にヨガの練習を休むのは、新月と満月の力が、ヨガを通して私たちのカラダに過剰に作用することを防ぐためです。



月の暦、月の運行による影響のひとつで代表的な現象は、潮の満ち引きでしょう。人間をはじめ生き物の出産も、満ち潮の時間帯に、満潮に向かって生まれ易くなると言われています。

世界でも正確さに定評のある農業向け気象年鑑「Farmer's Almanac」でも、根付く力が最も強い新月に種をまいて、開花力が最も強い満月の時に定植することを勧めているほどです。


ヨガを練習していくにつれ、私たちは自然のサイクルにさらに馴染んで行く事でしょう。

私たちが、ヨガの練習だけに限らず、自分の生活のなかに、月の暦や形相を観測し意識の中に組み込んでいく事で、自然の大いなるリズムが敬意を持って認識されるようになり、より大きな調和のなかに生きることができるようになるでしょう。


月の暦・月齢カレンダー

All About [妊娠・出産準備]



DVDに収録されているヨガのレッスンは、ヨガの基本、呼吸から、ヨガを毎日続けるために、たった15分で完結する「朝ヨガ」。夜寝る前に、疲れたカラダと心を解放する「夜ヨガ」。まるで、ヨガのレッスンをスタジオで一緒に受けているかのような、ダイナミックなレッスンライブなど。

特別に書き下ろされたフルカラーのヨーガ解説テキストでは、ひとつひとつのポーズが、写真入で詳しく解説されています。

ヨガに必要なものが見事に揃った、パーフェクト・ヨガセット。


全くのヨガ初心者から、もっと上達したい経験者まで、どなたでも今すぐ自宅でヨガを始めることが出来ます。

今なら、限定割引価格¥9,800で販売中です。

詳しくはコチラへ ≫ ヨガ入門に最適「簡単ヨガDVD 8点セット」




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: